令和元年度 国家公務員共済組合連合会 北陸病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 85 48 48 159 244 340 526 446 148
 当指標の全ては一般病棟の退院患者を対象としています。
 高齢化社会にともない、70歳以上の高齢者が全体の7割となっています。このため、近隣の老健やグループホームなどの40以上の施設や地域の開業医(クリニック)の先生方と連携し、退院後に患者さんが抱える問題に注力しています。また、当院医師による訪問診療も行っています。
 このほか、整形外科はスポーツ整形を主として診療を行っているため、10代~30代の若い患者さんがスポーツ復帰を目的とした治療のため入院されています。

 ※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 306 2.42 2.63 0.05% 60.3
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎手術なし 65 26.95 20.84 0.25% 86.8
050130XX99000X 心不全手術なし 42 32.00 17.71 0.30% 85.3
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症手術なし 39 20.74 12.58 0.10% 79.5
100380XXXXXXXX 体液量減少症 32 15.59 9.13 0.05% 77.7
「診断群分類(DPC)」とは、厚生労働省が定めた1日当たりの定額からなる包括部分(入院料、検査、注射、投薬料など)と、出来高部分(手術、指導料、リハビリなど)を合わせて計算する方法です。病名により分類を行っているので、DPC名称が入院中の病名とほぼ同じと考えてよいと思います。ただ、わかりづらい表記もあるので、そのときは当院の主な病名に置き換えて説明したいと思います。
 年齢階級別退院患者数でもわかるように、当院は高齢者の方が多く、このため誤嚥性肺炎、心不全の患者数が上位を占めています。
*誤嚥性肺炎とは
 誤嚥性肺炎は、細菌が誤嚥した唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。 高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。 再発を繰り返す特徴があり、それにより耐性菌が発生し、抗菌薬治療に抵抗性をもつことがあります。飲み込む力が弱くならないよう、当院では栄養サポートチームによる栄養評価や消化器内科医、言語聴覚士、連携する歯科医とともに嚥下機能評価を行い患者さんの病状に応じた嚥下機能訓練を行っています。
*心不全とは
 心不全は文字通り「心臓の機能が低下した状態」をいいます。「機能が低下した状態」ですので、高齢の方にありがちな病気ですが、狭心症や高血圧、糖尿病が持病の患者さんもかかるリスクが高く、生活習慣病との関連性が高いといえます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 26 6.69 4.85 0.00% 68.0
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 19 2.21 2.63 0.00% 71.4
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍手術あり 17 19.47 11.51 0.05% 69.6
060150XX03XXXX 虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 6.42 5.45 0.00% 43.6
060035XX99X60X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍手術なし化学療法あり 12 5.83 4.40 0.00% 77.3
DPCコードとは入院費の計算をするためのコードで、病名と手術や処置の組み合わせにより請求コードが決まります。同じ病名でも複数のコードに分かれるため、表の患者数と病院が実際に治療を行った患者数と一致するわけではありません。どういう病名に対し、どういう治療を行っているかの目安として見ていただければと思います。
 外科で患者数が最も多いのは「鼡径ヘルニア」の患者さんで、いわゆる「脱腸」を指します。
 次いで、「肺の悪性腫瘍(いわゆる肺癌)」の手術症例となります。当院で発見されたもの以外に、他の医療機関からの紹介や市町村が行っている検診・健康診断や人間ドックを契機に発見された患者さんの治療を行っています。肺癌や気胸は胸腔鏡での手術を行っており、患者さんへの負担を減らせるよう治療に当たっています。
 このほか、大腸がんの抗癌剤治療(化学療法)も上位に挙がってきています。「がんは怖い」という認識から不安になる患者さんも多いと思いますが、当院はがんの研修を受けた専門医、認定看護師、薬剤師を中心にチーム医療を行っており、身体的・精神的フォローを行う体制を整えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610XX01XXXX 四肢筋腱損傷靱帯断裂形成手術等 87 32.14 17.74 0.00% 64.5
160990XX97X0XX 多部位外傷手術あり 38 10.24 17.20 0.00% 24.4
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)腱縫合術等 26 22.73 14.10 0.00% 31.3
070050XX97XXXX 肩関節炎、肩の障害(その他)手術あり 19 42.95 22.91 0.00% 75.5
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 12 40.08 23.56 0.00% 71.2
 1位の「四肢筋腱損傷(腱板の断裂)」、4位の「肩関節炎」、5位の「膝関節症」はどちらかというと加齢による場合が多いため年齢層が高めとなり、その他の病名はスポーツによるケガによる若年層の患者さん中心の傾向となっています。このため、平均年齢はもちろんですが、平均入院期間にも差が出ています。4位の「肩関節炎、肩の障害(その他)」、5位の「膝関節症」は人工関節の手術となっています。
 肩腱板の断裂手術などは固定期間があります。固定が外れたらすぐに元の生活にもどれるかというとなかなかそういうわけにはいかず、日常生活を不安なくすごせるよう入院を継続してリハビリをおこなっているため入院期間が長い傾向となっています。
 肘、膝の外傷はスポーツによるケガがほとんどのため、年齢も若く、特に膝の場合は松葉杖を使用すれば日常生活もそれほど支障がないため、短期入院の傾向となっています。
 整形外科のDPC名称は体の部位や損傷ごとに分けられていることが多いため、2位以下の主な病名は次のとおりとなります。
 「多部位外傷」                  …肩関節唇損傷(肩関節の受け皿に輪のようについているクッションの損傷)
 「肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)」 …野球肘、半月板損傷、膝靭帯断裂
 「肩関節炎、肩の障害(その他)」      …変形性肩関節症 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - - 1 8
大腸癌 - - - 23 - 18 2 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 2 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの広がりや進行の程度、症状など、病気の現状を踏まえた上で、最も治療効果が高く、体への負担の少ない治療を選択します。がんの状態を知るための指標が「病期」です。病期は、がんが体の一部分にとどまっているか、広い範囲に広がっているかの「目安」になります。UICC-TNM分類は世界共通基準、取扱い規約は、日本独自の基準となります。また、初発とは初めて治療を行うがんを指します。当資料は一般的に「5大がん」といわれる「胃」、「大腸」、「乳房」、「肺」、「肝臓」のがんについて当院で治療を行った実績です。なお、退院した延べ人数のため、1人の患者さんが複数回入退院をした場合はその都度カウントされます。一方で10件未満の場合は実績があっても”-”と表示されます。それぞれの癌の合計値は胃癌23件、大腸癌75件、肺癌22件、肝癌9件、乳癌13件です。当指標を含め全て「令和元年度に退院した患者さんを対象」としているため、計画的に再入院を繰り返さなければならない化学療法の患者さんは退院ごとに1件と数えます。このため、再発の患者さんが多い印象を受けますが、初発の治療も積極的に行っています。
 初発は「胃癌」、「大腸癌」が、再発は「大腸癌」が多くなっています。どれも外科的治療が第一選択ですが、どちらかというと「胃癌」は内視鏡手術が主となる初期の患者さんが多い傾向にあります。大腸癌は手術のほか、化学療法を行っています。肝癌は外科的手術の他、カテーテルによる治療なども行っています。いずれにせよ、癌の治療は集約的治療(がんの種類や進行度に応じて、さまざまな治療法を組み合わせた治療)を行っているといえます。
 転移・再発どちらも患者さんに最善の治療を考え、十分話し合った上で積極的に行っています。また、がんの専門研修を受けた医師、看護師、薬剤師、理学療法士などによる緩和治療にも取り組んでいます。

※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 11.3 59.1
中等症 40 22.5 78.0
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
 成人市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中でかかった肺炎のことです。細菌、ウイルス、真菌、寄生虫など、多くの微生物が市中肺炎を引き起こします。年齢や他の要因(同時に他の病気を抱えていないかなど)によって、原因となる微生物はさまざまです。通常、市中肺炎という病名は、比較的多くみられる細菌やウイルスによって引き起こされた肺炎患者に対して使用され、年齢や、その他の症状より0から5までの6段階に分けられています。点数ごとの重症度は以下の通りです。
軽症 :0点
中等症:1~2点
重症 :3点
超重症:4~5点 ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする

 軽症は平均年齢が若く、平均在院日数も短い傾向にあります。重症になるほど平均年齢が高く、平均在院日数も長期になります。

※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 28.7 78.9 0.20%
その他 - - - -
 いわゆる脳卒中といわれるもので、転院率は「他の医療機関に転院した患者/全体院患者数」で算出しています。
 当院はほとんどが3日以内に発症した脳梗塞で、循環器内科医を中心に必要に応じ神経内科医と連携し治療を行っています。
 また、麻痺などの身体的な症状については理学療法士や作業療法士がリハビリを、言語聴覚士や消化器内科医により嚥下機能を評価、訓練を行っています。その他、南加賀地域連携パスに参加し、急性期治療から回復期治療、維持期治療へと、患者さんの状態に応じた医療機関や施設への連携を積極的に行っています。

※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 310 0.13 1.26 0.05% 61.35
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 23 0.52 5.26 0.00% 58.96
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 10 3.50 9.00 0.00% 64.00
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K6534 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他のポリープ・粘膜切除術) - - - - -
 内視鏡による手術を中心に行っています。特に大腸ポリープは年間333例と中規模病院に匹敵する数値となっています。令和2年度より施設基準を取得し、内視鏡による早期大腸がんの粘膜下層剥離術も行っています。内視鏡により治療を行うことで、入院期間は比較的短く、回復期間も早い利点があり、当院もこの治療を積極的に行っています。また、消化器内科では毎週病理医との病理カンファレンスを行い、医療の質の向上に努めています。拡大NBI観察(狭帯域光観察=粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、特殊な光を照らし画面に表示し病変を観察すること)と病理で評価し、臨床にフィードバックすることで高い内視鏡診断能を有しています。近隣の先生からも拡大NBI観察や超音波内視鏡など精密内視鏡や内視鏡治療の紹介をいただいております。
 どの手術も体への負担が最小になるよう治療を行っています。

 ※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 18 0.11 1.00 0.00% 70.56
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 15 1.53 4.47 0.00% 70.33
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 0.50 6.07 0.00% 47.29
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12 6.42 32.42 0.00% 80.25
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 6.45 7.09 0.00% 65.73
 外科は上位にあがっている内視鏡による大腸のポリープ切除のほか、腹腔鏡による虫垂切除術、胆のう摘出術など体に大きな傷をつけず、比較的体に負担の少ない手術を行っていますので、比較的短期の入院となっています。
 鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)は男性の方に多く見られ、当院に直接受診される患者さんのほか、他の医療機関からの紹介を受けております。
 結腸切除術、腹腔鏡下胆のう摘出術は即手術を行う場合の他、炎症を鎮めてからの手術を行う場合が多く、なるべく体に負担がかからないような治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 84 0.99 26.63 0.00% 63.45
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 36 1.75 40.44 0.00% 73.36
K080-52 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴わないもの) 34 1.06 7.56 0.00% 23.79
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 15 1.00 30.67 0.00% 41.60
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕、下腿) 13 1.00 9.23 0.00% 62.69
 当院のスポーツ整形は学生スポーツ選手やアスリートの現役続行や現役復帰を手助けすることを第一の目標においています。整形外科における関節鏡下肩関節手術総数は県でも有数の実績で、スポーツ整形外科を主として治療を行います。医師やリハビリスタッフは院内での診療の他、指導も行っています。最近は若い人だけでなく高齢の方もスポーツをされておりスポーツ整形の需要は高まっています。
 昔は「肩が痛い」といえば50肩などで片付けられていましたが、「肩こり」と考えず受診していただくことで正しい診断と治療を受けていただくことができます。「肩こり」だと思っていたら腱の断裂だったという場合もあり、当院は関節鏡による手術を行っています。
 膝関節痛に対し、リハビリを中心とした保存療法をメインとしながら関節を温存させるため、半月板縫合術なども積極的に行っています。 
 このほか、傷ついた関節の損傷面を取り除いて、人工関節に置き換える手術も行っています。関節の痛みの原因となっている部分を取り除くため、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。「人工関節」というと「股関節」や「膝関節」をイメージする方が多いと思いますが、「肩」の人工関節置換術も増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
 敗血症(血液が細菌感染すること)、播種性血管内凝固症候群(癌や敗血症などなんらかの原因があり、血液がかたまる力が強くなってしまい、体中の毛細血管に至るまで血栓ができる状態)、手術・術後の合併症、その他の真菌症(真菌がヒトの体に定着する感染症)は、入院後に発症する場合もあります。免疫のおちた状態での感染がきっかけとなることもあり、患者数が多い場合は医療の提供方法に問題があることがあります。医療の質の改善に資するため臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして考えられる病名です。入院の契機(きっかけ)となった病名と入院後になった患者数に対し、全入院患者数に対する発生率を示しています。
 当院の該当患者は7件であり、そのうちの大部分が入院時の検査等で確認されたもので、入院契機と同一です。院内感染などを起こさないように取り組んだ結果であると思います。
 なお、手術・処置の合併症には透析患者さんのシャント(透析を行うための血液の取り出し口、戻り口)が細くなったりして血流が悪くなった場合の治療も含まれています。シャントは長年使い続けるとトラブルがおきやすくなるため、当院浄化センターでは毎月血流のチェックを行っています。
※"-"は該当の患者数が10未満の場合に表示されます。
更新履歴
2020/9/30